家族の大切さを実感

家族の大切さを実感

娘が入院する事になると、私は付き添いで家を空ける事になります。

家族全員が揃わないという事で、家の中は、どうしても暗くなってしまい、普段はしないようなことで喧嘩を子供がするように。

お見舞いに来てくれて病室で家族全員が揃ったときに、家族って良いなと思う事がありました。

特に何をするわけでもなく、普通に家族全員が揃って会話をするだけで、気持ちが安心することが出来、私も娘も笑顔でいる事が出来る様に。

娘が喘息で入院するまでは、家族全員が揃う事は当たり前で、改めて家族の大切さを考える機会がありませんでしたが、喘息になってからは常々家族の大切さを実感することが出来ています。

どうしても次女を中心に考えてしまう事がありますが、長男や長女の事も考えながら、生活をしていくというのは、簡単そうで意外と難しいことです。

普通に家族全員で元気にご飯を食べているのを見るだけで、本当に幸せだなと思ってしまいます。

家族全員で娘をサポートしつつ、少しでもベストな環境を作ってあげる事が出来たらと、暗黙のルールが我が家には出来ています。

それまでは自分中心でしか考える事が出来なかった長女も、自然と周りや家族の事を考える事が出来るようになりました。