保育園で外遊びが出来ない

保育園で外遊びが出来ない

保育園の楽しみの一つに、外遊びの時間があります。

みんなで園庭で走り回って、楽しい時間が過ぎるのですが、喘息が出ている時の娘にとっては、苦痛の時間です。

みんなが外で笑いながら過ごしているのに、自分は同じように外で遊ぶことが出来ない。

冬場になると風邪をひいているお友達も、部屋で過ごすことがあるので一人ではないのですが、やっぱり娘も同じように外で遊びたい。

何度も「どうしても自分はお外で遊べないの?」と、泣きながら言われたときには何とも言えない気持ちになってしまいました。

風邪で外で遊べないのであれば、数日我慢すれば今までと同じように遊ぶことが出来るようになります。

喘息の場合は何度も繰り返してしまうために、そのたびに部屋で過ごさなくてはいけません。

お部屋で絵本を読んで過ごしたり玩具で遊ぶのも楽しいけど、やっぱりお外で遊ぶのが子供にとっては楽しいですよね。

喘息が酷くならない内に保育園を休ませたりもしていましたが、完全に予防することは出来ません。

娘にとっては他のお友達と同じことが出来ないという事が、とても辛いことで、どうして自分ばかりと言っていたこともあります。

そんな娘も小学4年生になり、随分と小児喘息の症状が良くなってきて、休み時間に外遊びが出来ないという事もなくなってきました。