行事のたびに入院

行事のたびに入院

保育園の行事になると、喘息の発作が起こってしまい、入院をしてしまう事が増えました。

折角、頑張って練習をしているにも関わらずに、本番に出る事が出来ない場合には、大泣きしている娘を見ながら、私自身も辛くなってしまい泣きたくなったこともありました。

娘がどれだけ頑張っているかが分かっていたために、何とかして本番に出させてあげようと思って、医師と相談もしてきても、どうしても参加できないことも。

行事が近くなってくると、どうしても保育園生活がハードになってきてしまい、疲れから体調を崩し喘息が出てしまうというパターン。

保育士と娘の状態の情報を共有をしながら、何とか本番に向けて体調も整えてあげたかったのですが、それでもどうしても喘息が出てしまいました。

保育園生活最後の発表会に出席できなかった時には、私自身も娘のいないところで泣いてしまいました。

小学校に入学すると、体調を崩すことはあっても、入院をすることは減って行事に参加することが出来ないという事が、殆どなくなってきました。

今でも行事前になると入院をするまで行かなくても、喘息が出てしまう事があるためにドキドキしてしまう事はあります。

年齢を重ねるごとに少しずつ症状が軽減してきたな、という感じがします。