小児喘息の症状って?

小児喘息の症状って?

昼は、元気に遊んでいた娘。

しかし夜になると咳き込んでしまい、寝てもまたすぐに起きてしまう事が続きました。

朝になると比較的落ち着くのですが、また夜になると咳き込んでしまうの繰り返し。

このような日が続いたので小児科に行ってみると、昼間は元気なのに夜になると咳き込んでしまうというのは、小児喘息の典型的な症状らしい。

私自身小児喘息ではなかったために、娘が小児喘息と言う事を信じたくなかったので、何度も小児科をかえて受診しましたが結果は同じ。

もし昼間は元気でも、夜になると咳き込んでしまうという事があった場合には、小児喘息を疑って一度受診をしてみる事をお勧めします。

このほかにもヒューヒューという呼吸音がするときにも、小児喘息かも知れません。

娘もヒューヒューという呼吸音をするときがあったのですが、そのような時には小さな発作を起こしてしまっているという事でした。

胸に耳を当ててみて、息を吐くときにヒューヒューという音がするときも、小児喘息です。

初めのころはこの音を聞き分けるというのは、難しいことですが感覚をつかむ事が出来たら、使いわける事が出来るようになります。

ただ、一度ヒューヒューという音がしたからと言って、すぐに小児喘息の診断が付くという事はありません。